Youtubeはこちらから!!

【おすすめスティッククリーナー】家電量販店の元店長おすすめ4選!!2021年最新モデル

ペポです

今回は、クリーナー(掃除機)を購入したいけど・・・

外出自粛中だし・・・

接客されるのも苦手だし・・・

どのクリーナーを購入すればいいか分からないし・・・

と迷われている、そこのお客様!!

家電量販店の元店長が、おすすめのスティッククリーナーを紹介します!!

このブログを見終わる頃には、きっとお客様が欲しいと思うスティッククリーナーが見つかるはずですので是非最後までご覧ください。

現在、スティッククリーナーは、

日立・Panasonic・ダイソン・東芝・SHARP・マキタ・アイリスオーヤマ・エレクトロラックス・Shark・三菱など

本当に様々なメーカーから発売されていますが

今回は、ダイソン・Panasonic・日立・シャープ

からおすすめさせていただきます。

その他にも素晴らしいクリーナーは沢山ありますが、機会があれば別回でやりたいと思いますので、悪しからずm(__)m

では、独断と偏見で、

おすすめ最新スティッククリーナー4選!!

比較してまいりましょう!!

とその前に!!

私はスティック型よりキャニスター型!!という方の為に、

スティッククリーナーのメリットを紹介します!!

スティッククリーナーのメリット

それは掃除機をかける頻度が増える!!です。

従来のキャニスター型だと、わざわざ取りに行って、

かがんでコンセントを引き出してコンセントを差し込んで

と掃除機をかける手間が多かったですが、

スティック型だとリビングに場所もそんなにとらずに設置できるので

髪の毛やゴミが目についたら充電スタンドから

サッと外してサッと掃除機で吸ってサッと充電スタンドに戻す!!

と簡単で手間いらずなので、いつでも綺麗なリビングを保てます!!

吸引力やバッテリーの駆動時間が気になるところでしょうが、

最近のスティッククリナーは結構吸引力も強く

バッテリーの駆動時間も長いんです!!

そして先ほどのように掃除機をかける頻度が増えるので

長時間の掃除でバッテリーの駆動時間が気になるのは

年末の大掃除の時や、ひろーーーいお家ぐらいかなと思います。

ただ、最近はロボットクリーナーの需要も伸び、

普段のお掃除はロボットクリーナーがしてくれて、

気になるところをスティッククリーナー!!という方も増えてきています。

機会があればロボットクリーナーのおすすめブログも出していきたいと思います。

では、今度こそ

おすすめスティッククリーナー4選!!

比較してまいりましょう!!

価格比較

  • 価格は、ダイソン・Panasonic・日立・シャープの順になっています。(2021年2月現在)
  • ダイソンの最上位モデルはもっと高いのですが今回は売れ筋のSV18FFで比較しています。【最上位モデルSV18FFCOMとの違いは付属ツールの違いになります】

質量比較

  • ダイソンは重いパーツが全て上にきていますので使用時の体感重量は日立のほうが軽く感じると思います!!
  • シャープは初めて手にした方は間違いなく[かるっ!!]と言ってしまうぐらい圧倒的に軽いので重いのが苦手な方や腕や肩に負担をかけたくない方にピッタリのクリーナーですし高い所の掃除をする時に本領発揮してくれることでしょう!!

運転時間比較

  • 運転時間に関しては各社、弱運転では35分から40分と変わらないですが強モードでは、ダイソンが5分・Panasonicが6分日立が8分・シャープが9分となっています!!
  • 強運転と弱運転の使い分けが重要で、じゅうたんには【強運転】フローリングや畳の掃除では実は、【弱運転】で【強運転】と同じぐらいゴミを取ることができるんです!!省エネにもなりますので是非お試しください!!

充電時間比較

  • 充電時間ですが、こちらもシャープを除き各社3時間から3時間30分となっておりますがシャープは圧倒的に早く4社の中で最速の1時間20分となっているから驚きです!!

バッテリー価格比較

  • 各社、充電式のバッテリーなので使用頻度により徐々に劣化していくので、いずれバッテリーの交換が必要になります。
  • その交換用のバッテリーですが以前はメーカーへ送らないと交換できない等あって面倒でしたが、今回紹介している商品に関してはメーカー注文し自分で交換する事が可能です。ちなみに金額はこのようにシャープが圧倒的に安くコスパに優れている事が分かると思います!!

自走式パワーブラシ比較

  • 次に結構重要なポイントなんですが、実はダイソン以外自走式のパワーブラシがついているんです!!
  • この自走式パワーブラシですが、あるのとないのとでは手首や腕・かたにかかる負担が全く違います!!
  • 本当にブラシが自分でスイスイ進んで行くイメージです!!
  • 初めて体感する方は「おーーー」と歓喜することでしょう個人的には日立の自走式パワーブラシが一番軽くスイスイ進んで行く印象です!!

おすすめ付属ツール数比較

  • 購入する時に意外に見落としがちな付属のブラシ等ですがダイソンが3個・Panasonicが3個・日立が5個・シャープが3個となっています!!
  • 付属のブラシ等のツールの数により掃除できる場所が全然変わってくるので必ずチェックするようにしましょう!!
  1. ミニモーターヘッド車内の掃除はもちろん、ベッドやソファーなどに入り込んだゴミや髪の毛を取り除きます。
  2. 隙間ノズル狭いすき間や届きにくい場所の掃除に便利です。
  3. コンビネーションノズル】先端にブラシがあり、用途によりブラシを出したり引っ込めたりして使用できます。※最上位モデルであれば更に3つのツールが付属します。
  1. ふとん清潔ノズル】ふとん専用ノズルで毛ブラシとローラーでふとんのダニを叩いてかきだします。
  2. ペタすき間ノズル】角度の変わるブラシ付きノズルで家具の下までしっかりお掃除できます。
  3. すき間用ノズル】先端が細いのですき間や溝のお掃除にピッタリです。
  1. スマートホース】これが便利高い所はもちろん特に階段を掃除する時に本領発揮します!!
  2. ミニパワーヘッド】モーターの力で車のシートやソファーのゴミをしっかりかきあげます!!
  3. ハンディーブラシ】テーブルなどを傷つけにくく、フィルター掃除にも最適です!!
  4. ほうきブラシ】これも便利!!図のようにチューブ状の吸込口でクリップ等の小物を吸わずにゴミだけを吸引してくれるので引き出しの中やサッシの溝、カーテンなど掃きながらキレイにできちゃう優れものなんです!!
  5. 2WAYすき間ブラシ】場所に合わせてブラシを押し出して使えブラシを戻すと狭いすき間にも便利でパソコンのキーボードなんかに最適です!!
  1. スグトルブラシ】足で軽く押さえてレバーを引くだけで棚やすき間のホコリをサッととれるんです!!
  2. すき間ノズル】更に細いすき間の掃除の必需品!!
  3. ハンディノズル】ハンディ掃除機に早変わりで車やソファーの掃除に最適です!!

充電スタンド比較

  • 充電スタンド】これは見栄えも含め個人的には本当に重要です!
  • 重要ポイントとしては、スタンドに置くと同時に充電できるので充電ケーブルを差し込む手間がはぶけるところ
  • 気になるゴミがあった時にぱっと、とってすぐ掃除ができるところの2点になります。
  • シャープだけが残念ながらスタンドは付属しているのですが、良くも悪くも充電池は取り外して充電装置にセットするようになっています。

比較まとめ

次にそれぞれのおすすめポイントを紹介します!!

ダイソンのおすすめポイント

ダイソンのおすすめ機能1つ目が【液晶ディスプレイ】現在の吸引モードや秒単位のバッテリー残量を表示し、効率的に掃除ができます。フィルターのメンテナンスや詰まりの警告まで液晶ディスプレイに表示してくれるので全てが直観的に分かりやすいです。

おすすめ機能2つ目が【きれいな排気】製品全体で5段階にわたりゴミを捕集する設計で部屋の空気よりもきれいな空気を排出してくれます。掃除機の排気のニオイが気になる方にはぴったりの機能です!!

おすすめ機能3つ目が【強い吸引力】ダイソンと言えば吸引力が強いイメージがあると思いますが、その通りなんです。吸引力が物凄く強く、試しにカタログなんかを吸ってみるとわかるんですが、他の製品はカタログが持ち上がらないんですがダイソンは、なんと持ち上がっちゃうんです!それぐらい吸引力は強いです!

ちなみに自分が弱点と思うところは好き嫌いはありますが、トリガーを引きっぱなしの掃除は意外としんどいところと、図のように衛生的で簡単なゴミ捨て機能は素晴らしいのですがゴミ箱の深さがないとゴミ捨て時に結構ゴミが勢いよく舞います。(/_;)

参考 画像引用ダイソンHPより

パナソニックのおすすめポイント

Panasonicのおすすめ機能1つ目が【キレイが見えるクリーンセンサー】ゴミを検知して図のようにランプでお知らせ!ハウスダストなどの目に見えないゴミまでしっかり掃除できるので、お掃除大好きな方や小さいお子さんがいてハウスダストが気になる方なんかには大変好評な機能です。

おすすめ機能2つ目が【親子のノズル】面倒なノズルの付け替えをする必要なく、ポンっと踏むだけでLEDナビライト付きの子ノズルに早変わり!本当に便利なんです!!

おすすめ機能3つ目が【からまないブラシ】これです。これなんです。自分も初めて体感したときは、思わずおーーっと声がでるぐらい感激しました!!髪の毛や動物の毛がほぼからまないんです!今まであんなにからまって、その都度ハサミでチョキチョキしてたのが、これを使う事によりチョキチョキ回数が激変するんです!今まで1度でもクリーナーのヘッドのメンテナンスをした事がある方には、これがどれだけ素晴らしいかきっとわかってもらえるはずです!!

ちなみに自分が弱点とおもうところは、やはり重心が上にきているので重いところです。

参考 画像引用パナソニックHPより

日立のおすすめポイント

日立のおすすめ機能1つ目が【LEDライト搭載】ベッドやソファー下のゴミがLEDでよく見えるので気づきにくいゴミなんかも見つけやすくなります!!

おすすめ機能2つ目が【パワフルスマートヘッド】図のように押す時は前のフラップが開いて大きなゴミまで吸引し引く時は後ろのフラップが開いて後方のゴミを吸引するのでゴミのとりのこしを圧倒的にへらします!!

おすすめ機能3つ目が【立体おそうじ】先ほどの機能比較で案内したとおり、日立は付属ツールが多いので今まで掃除ができなかった所もきっと掃除ができるようになるとおもいます。これだけついて、あの価格は正直安いと思います。

ちなみに自分が弱点と思うところはブラシの構造がPanasonicやダイソンと比べ髪の毛等が絡まりやすくなっているところとゴミ捨ても手元レバーを引くだけで簡単にゴミ捨てができるのですが、フタにゴミが降りかかりやすいところです。

参考 画像引用日立HPより

シャープのおすすめポイント

シャープのおすすめ機能1つ目が【圧倒的軽さ】軽くて丈夫なドライカーボンパイプで圧倒的軽さを実現し手や腕や肩にかかる負担が激変です!!

おすすめ機能2つ目が【グリップセンサー】本体ハンドル部にセンサーを内蔵し手を離すと運転オフに!握れば運転を再開してくれるので、急に手を放す用事があってもいちいち電源の入り切りをする必要がありません!!

3つ目が【着脱式バッテリー】充電時間も早く、バッテリーの持ち時間も長く、替えのバッテリーも安いのでコスパが高くお財布に優しいです!!

ちなみに自分が弱点と思うところは、機能比較でも案内しましたが付属ツールが少ないので掃除の幅が狭まるところと掃除が終わる都度バッテリーを外して充電しないといけないところです

参考 画像引用シャープHPより

ペ ポ の ま と め

ペポ

簡単にまとめると今回のモデル比較では、吸引力を求める方は、ダイソン!メンテナンスの手間を減らしたい方はPanasonic!コスパ高く様々な所を掃除したい方は日立!コスパ高く掃除の時の手・腕・肩の負担を少しでも減らしたい方はSHARP!といったところです
私は、か弱くて重いものを持てないので断然SHARP推しです!!

社員のユイちゃん

ペポ

そうですか……今回もみなさん最後まで読んでいただきありがとうございました。このブログの動画バージョンを下記に準備しましたので是非ご覧下さい。では、またのお越しをお待ちしております。  (*- -)(*_ _)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA